2018年出展作品

花咲く幸福の猫

投票受付中
1 Star
上のハートマークをクリックして投票してください
Loading...

日本の一番いい時期は桜色に染められる時です。
私の住んでいる町も桜ヶ丘。桜のなかの猫一家も楽しそう。
家をイメージした花器の口に猫を置くようになっています。
猫を取ると花がいけられます。
桜が舞うなか生花が華やかにダンスをするという仕様です。
桜の力、日本の良さを感じていただければと思います。

作品番号
45
作品概要
幅22 x 奥行22 x 高さ41.5cm

鈴木安江 / Yasue Suzuki

陶芸家

プロフィール

もともとテキスタイルデザイナーで、色感には自信があります。それに十代前半から油絵・彫塑・デッサンなど美術の基礎を学び、日常のなかにあるアートを目指して陶芸を私の表現方法としました。
インテリア・アート。使用出来る限界までデザインとして、造形として、面白さを追求すると、見る者の感覚を目覚めさせる。ただ飾るだけでもいいし、なんとか使える。そういうギリギリの作品を面白がって作っています。今回は、ギリギリ作品という訳ではないのですが、一様、猫を取れば花器として使える遊び心ある作品です。

1972年 インターナショナルデザインスクール卒
2000年 大阪クラフトパークにて陶芸を始める
2008年 自宅に「あんこう窯」を開く
2010年 女流陶芸展入選
2012年 朝日新聞社賞受賞
2014年 女流陶芸会員となる
京展入選
四日市萬古陶芸コンペ入選(同15年)
2016年 第18回にっぽん招き猫100人展 入選(同2017年/2018年)
2017年 月のアート展 入選 特別審査員賞

045_鈴木安江_花咲く幸福の猫